古き良きアメリカ・・・

先週から開始したブルースギターの勉強ですが、単純なのに難しい・・・

特にクォーターチョーキング。

ブルースには多く出てきますが、なかなかピッチを合わせにくいです。

基本の勉強をしている感じですごく役立ちます。

動画を沢山見ているなかで、B・B KINGも良いですが、この方のほうが好きです。

ストラップの掛け方もおしゃれですね。

明日は久しぶりに車のオイル交換をするので、そろそろ寝るとしますか。。。

| | コメント (4)

ちょこっと休憩・・・

今日も音楽の話ですが、ギターではありません。

以前、このブログでも少し話題にしたこともあるのですが・・・

当時21歳だった私の音楽的嗜好を180°方向転換させた方のお話です。

ニューヨークへ先輩にあうために行った時の事です。

先輩と2人で夕食後に「ジャズを聞きに行こう」ということで「Blue Note」でも「Village Vanguard」でもない古ぼけたクラブへ。

Sweetbasils_1

今はなき「Sweet Basil」というお店ですが、すごくレトロでウッドの匂いがプンプンしてた記憶があります。

蒸し暑い9月の月曜の夜でした。

当然ジャズなど全く知識が無く、出演者なんて全く分からない状態で席につき(席といっても小さな50センチ程の丸テーブルに背もたれもままならない木の椅子)待つこと1時間。

気が付けば店は立ち見客もあふれんばかりの大盛況。。。

当時は「有名な方の演奏」だとかは思わず、「ジャズクラブってこんなもんだ」程度しか思っていなかったと記憶しています。

演奏者の中には日本人らしき方も1名・・・

今現在ギターで弾いている「Gunz N' Roses」とかのロックを毎日聞いていた私は、10分も、いや2曲も聞かないうちにノックアウト!でした。

日本に帰ってから、レコード店(当時)を必死でまわって見つけたこのLP。

今でも宝物です。(現在はCDね!)

B0000014je01_1

~Gil Evans & Monday Night Orchestra~ Live At Sweet Basil

あまり知られていませんが、グラミー賞受賞アルバムでもあります。

N.Yで見たものそのまんまです。

今でも、そこらへんのCD店では手に入りませんのよ、、、

いまでこそ流通しだしましたが。

肝心のサウンドですが、「音の魔術師」の異名を持つだけあって、新鮮かつエネルギッシュ。

ジミヘンの曲をジャズアレンジしたアルバムもあるくらい、ロック好きな方でも「スコ~ン」と入っていけます。 笑

(試聴するなら、1番・6番・8番!特に8番は名曲ですね!)

夜にお酒(何でもいいです)片手に一人で聞くのが最高。。。

オーケストラという名の通り、ジャズのグループにしては大所帯で、小さなジャズクラブでも三分の一のスペースは演奏者だったと思います。

とにかくダイナミック。

私が訪れたときは、彼が亡くなって1年後くらい経過してたと思いますが、そんな彼を慕って月曜日の夜に演奏を続けるなんて、彼の人間性がすごく伝わってきたりもします。

それから社会人になり、仕事も忙しく、ジャズもロックも音楽を聴く時間があまりとれなくなっていきました。

ちょうど1年位前に部屋を掃除していたら出てきたので、BGM代わりに鳴らしてみたら、またノックアウト。。。

今は、そんなこんな生活です。

☆貴重なスティングとのセッション映像が見つかりました。

Gil Evansが亡くなられる1年ほど前の映像でしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=aZjmrb3bjVo

トランペットソロの時に後ろに見える日本人がクラブでも演奏されてた方です。

すごい方の演奏をライブで聴いていたんですね実は・・・

【加筆】 休憩終わり・・・

ドラム・ベース入りのバックサウンドに切り替えて、昨日ちょっと練習しました。

かなりヨタついています。。。

| | コメント (4)

お盆休みも終わったけれど・・・

世間で言うお盆休みも終了しましたが、ずーっと仕事してました。。。

通勤電車は座っていけるし、街中静かなのでその点はよかったのですが、全く電話なんか鳴らずに、事務処理がすごくはかどりました。

でも、なんか虚しいな・・・

僕も休みたいな・・・

~ 閑話休題 ~

昨日、仕事中の空白の時間(笑)を利用して、前から欲しかったコレを某オークションで見つけたので速攻落としてしまった。

よく、「ギル・エバンスってジャズなん?」とか聞かれたりしますが、私的にはギルを差し置いてジャズは語れない程の方だと思っています。

確かに、このスティングとのセッションや、ジミヘンの曲をやったりするので、そのような錯覚に陥ることはよく理解できますが、聞けば聞く程クールにはまっていきます。

今でもニューヨークの今は無き「Sweet Basil」で聞いたギルサウンドは一生の宝物です。

ロックやボーカル系の類も良いですが、夜にちょびっとアルコールを飲みながら、一人で聞くジャズは本当に心地いいです。

予定だと明日には届くかな~?

バーボンでも買って用意しとこ。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)